エコバッグまるわかり情報ステーション


エコバッグまるわかり情報ステーションブログ : 2016/07/14


くも膜下出血とはほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管にできた瘤(コブ)が裂けることが原因となって発症する恐ろしい病気として知られるようになりました。

下腹部の激しい痛みをよく起こす代表的な疾患には、
盲腸と混同しやすい大腸憩室症、
5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、
原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、
緊急性の高い急性腹膜炎、女性特有の病気など、様々な病名が聞かれるようです。

食べ過ぎ、体重過量、運動不足、不規則な生活、精神的なストレス、老化など様々な因子が絡むと、インスリンの分泌量が減少したり、
働きが落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病します。

子どもの耳管の作りは、大人のそれに比べると幅が広くて短めの形で、
かつ水平に近いため、雑菌が侵入しやすくなっています。
大人よりも子供の方が急性中耳炎になりやすいのは、
この作りが関係しています。

「肝機能の衰退」については、血液検査項目のGOTやGPT、
γ-GTP(ガンマGTP)等の値によって確認することができますが、
ここ数年肝機能が悪化している人数が明らかに増えているとされています。

アミノ酸のグルタチオンには、細胞の機能を低下させたり変異を誘引する悪影響を及ぼす物質を身体の内部で解毒し、
肝機能を強める性能が判明しているのです。

スマートフォン使用時の光のちらつきを低減させるレンズの付いた専用眼鏡が今人気を集めている訳は、
疲れ目の改善にたくさんの方が興味を抱いているからだと推測することができます。

メタボリックであるとは断言されなくても、
内臓脂肪が多く付着してしまう型の体重過多が確認されることにより、
色々な生活習慣病を招きやすくなります。



このページの先頭へ戻る