エコバッグまるわかり情報ステーション


エコバッグまるわかり情報ステーションブログ : 2016/10/05


アルコール、薬、化学調味料を始めとした食品添加物などの物質を酵素によって分解して無毒化する作用の事を解毒と称しており、
肝臓が果たす最も大切な職務の一つだということは間違いありません。

花粉症というものは、山林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの草木の花粉が原因となり、
くしゃみ・目のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状を呈する病気だということは、
今や常識となりました。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、
狭心症などの色々な病気の誘因となる恐れがあるのです。

自転車事故や建築現場での転落など、
大きな外力が身体にかかった場合は、
複数の箇所に骨折が発生してしまったり、
開放骨折になってしまったり、他の内臓が損傷してしまうこともあります。

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口から血を吐くことに違いはありませんが、
喀血というものは咽頭から肺をつないでいる気道(呼吸器の一種)から血が出ることで、
吐血というのは無腸間膜小腸よりも上部の消化管から出血する病状を表しているのです。

アルコールをクラッキングするという効果を持つナイアシンは、
苦しい宿酔に極めて有効です。
辛い二日酔いの主因物質だといわれる酢酸アルデヒドという化学物質の無毒化にも関係しています。

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失われてしまった後に購入できて、
新薬とまったく同じ成分で経済的な自己負担の小さい(金額の廉価な)後発医薬品です。

ダイエットしたいがために1日の総カロリーを抑える、
あまり食べない、そうした暮らしを続けると結果として栄養までもを不足させ、
深刻な四肢の冷えを誘発する事は、
多くの医療従事者が言われていることなのです。

折り目正しい穏やかな暮らしの維持、
腹八分目の実践、正しいスポーツや体操など、一見古典的ともいえる身体に対する留意が皮ふのアンチエイジングにも関わっているのです。


全く自分の意思関係なく、他人の鼻水すすり音で、必ず自分の鼻水が反応します。本当に苦痛なのです。薬があって飲めば治るなら治療したい。鼻をかむ音には反応ないのです。鼻かんで欲しい。心から本当に。このせいで街に出るのが苦痛で苦痛で… 数年前、歯医者に行ったそこで治療を受けていると、口の中に妙なしこりがあることに気付いた治療中で退屈していたので、舌でそのしこりをペロペロ舐めていると先生に「それ、先生の指やで」と言われた

【店内番組収録のお断り】←なんだかこれブラックジョークみたいですが>< 本日パチノフは普通に営業しますが、開店して1、2時間はサイトセブンTV番組収録が一部スペースにてあります。お客さんを映すものではありませんでどうぞご協力とご理解の程お願いします!by裏方 ケータリングの人くそわらってるやないかいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



このページの先頭へ戻る