エコバッグまるわかり情報ステーション


エコバッグまるわかり情報ステーションブログ : 2015/12/24


HIV、つまりエイズウイルスを含んだ血液や精液のほか、
女性の腟分泌液、母乳等の様々な体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分等に接触した場合、
感染するリスクが大きくなるのです。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、
最も症例の多い中耳炎で比較的子どもによく発症します。
耳の痛みや38度以上の熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などの様々な症状が出現します。

平成17年から新たにトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)のパッケージにおいて「食生活は主食、
主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との文章の明示が義務付けられた。

ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無効になった後に発売されるもので、
同一の成分で負担の小さな(薬の価格の高くない)後発医薬品のことで、
最近知られるようになりました。

脳内の5-HT神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを鎮静化させ、
様々な器官の覚醒などを司っていて、
大鬱病の患者さんではその働きが鈍くなってることが科学的に判明している。

トコトリエノールの作用は酸化を防ぐ働きが殊に有名だと思いますが、
その他に肌をきれいにする効果や、
血清コレステロールの産生を抑えるということが言われています。

ハーバード大学医学部(HMS)の調査結果によれば、
毎日2カップよりも多くノンカフェインコーヒーを飲用すれば、
なんと直腸がんの罹患リスクを約52%減少させることができたのだ。

鍼を刺してもらう、という物的な複数の刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスと言われている要は電気信号の化学伝達を誘引するという見解が広まっています。

日光を浴びると生成されるビタミンDは、
カルシウムが吸収されるのを促進するという特質で有名で、
血液の中のカルシウムの濃度を調整して、
筋繊維の働きを適切に操ったり、
骨を作ったりしてくれます。

塩分や脂肪分の摂取過多をやめた上で手ごろな運動を行い、
ストレスを蓄積しすぎないような毎日を意識することが狭心症を起こす動脈硬化を未然に防ぐ知恵なのです。



このページの先頭へ戻る