エコバッグまるわかり情報ステーション


エコバッグまるわかり情報ステーションブログ : 2016/10/08


エイズウイルス(HIV)を保有する血液や精液、
母乳、腟分泌液といった様々な体液が、
交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜等に接触すると、
感染する危険性が大きくなってきます。

基礎代謝は人間が何もしなくても使うエネルギー量のことであり、
その50%以上を様々な骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳で消費しているということはまだ広くは知られていません。

内臓脂肪の多い肥満が確認されて、
脂質過多、塩分の摂取などによる「高血圧」、
高血糖(こうけっとう)のうち2項目以上に当てはまるようなケースを、
メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と称しています。

BMIを計算する式はどこの国も同じですが、
値の位置づけは国単位でそれぞれ異なり、
一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準体重、
25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と決定しています。

ミュージックライブの開催されるスペースや踊るためのフロアなどに設置されている巨大なスピーカーの隣で大きな音を浴びて難聴になる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と言うのです。

ストレスがかかり、蓄積してしまう構図や、便利で効果的なストレス緩和策など、
ストレス関連の詳しい知識を学ぼうとする人は、
現時点ではさほど多くはありません。

ハーバード大学医学校(HMS)の調べによると、
一般的なコーヒーと比較して毎日2カップ以上はカフェインの取り除かれたコーヒーを代用することで、
直腸ガン発症する確率を半分も減少させることができたとのことだ。

ピリドキサミンは、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路と呼ばれているエネルギーの代謝のために欠かせない重要な回路に取り込ませるため、
再度化学分解するのを促進する機能もあります。

メタボリック症候群とは診断されていなかったとしても、
臓器の脂肪が多く付きやすい種類の悪い肥満が存在することによって、
様々な生活習慣病を発症しやすくなります。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではない状態で生命を維持していく(心臓、
鼻からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋緊張のキープ等)ために欠かせない基本的なエネルギー消費量のことを言うのです。



このページの先頭へ戻る