エコバッグまるわかり情報ステーション


エコバッグまるわかり情報ステーションブログ : 2016/09/23


陰金田虫(いんきんたむし)とは、
医学的には股部白癬(こぶはくせん)と称されている、
白癬菌というかびが陰嚢(いんのう)や股部、
お尻などの場所にうつり、定着する病気のことであり水虫のことなのです。

ヘルニアというものは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、
背骨の間でクッションに近い役目を果たしている椎間板(ついかんばん)という円形の組織がはみ出てしまった様子のことを称します。

春と秋に患者が増える花粉症とは、
森のスギや檜、松などの大量の花粉が原因物質となって、
クシャミ・頭重感・ノドの痛み・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状をもたらす病気なのです。

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、
菌を保有している人がゴホゴホと「せき」をすることによって室内や外気に排出され、
空気中でフワフワ浮いているところを他の誰かが吸い込むことで拡がります。

複雑骨折により多量に出血した時に、
血圧が降下して眩暈や体が急速に冷えるように感じる冷や汗、
悪心、意識喪失などの脳貧血が見られる場合もあります。

黴菌やウィルスなどの病気をもたらす病原体が肺の中に侵入して感染した結果、
片方もしくは両方の肺が炎症を起こしてしまっている様子を「肺炎」と呼んでいるのです。

昨今、若い世代で咳が続く結核(けっかく)に対抗できる免疫力(抵抗力)を保有していない人々が多くなったことや、
自己判断のために診断が遅れることに縁る集団感染及び院内感染の発生頻度が高くなっているようです。

日光に当たると生成されるビタミンDは、
カルシウムが吸収される行程を促進する特徴が有名であり、
血液中の濃度をコントロールし、
筋肉の動作を適切に操作したり、
骨を作ります。

塩分や脂肪分の摂り過ぎを控えて適切な運動をおこなうだけでなく、
ストレスの少ない暮らしを意識することが狭心症の主因となる動脈硬化を予め防ぐ方法なのです。



このページの先頭へ戻る